FutureLight

植物育成用LED LAMP 最適な植物育成用照明をご提案します。

  • バータイプ スタンダード&ハイパワー
  • ハイパワータイプ
  • 電球型
特長1:LED

ワンチップ後続

特長2:光源の比較(分光分布図)

ヒカリレシピのご提案

バータイプ

  1. 1.AC-ICチップ採用で、電源、灯具不要
  2. 2.本体防水仕様(IP66)及び、防雨ケーブルコネクタ採用
  3. 3.専用ブラケット•コネクタで取付•配線が
    簡易に行えます。
配線、連結方法
①既設照明がある場合は、照明器具を取り外し、新たに、専用ブラケットを使って取付けてください。②本LED照明は、安定器、電源は使用しませんので、直接AC200Vを結線してください。

フューチャーライトでは、植物用LEDランプ設計、販売をはじめ、植物工場の企画•設計•運営管理システムのご提案、及び専用機材等の販売も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

Catalogue Download 植物工場用LAMP A4カタログ(PDFファイル/約360KB)

ハイパワーバータイプ

温室補光栽培のトップライティングとして

  1. 1.より均一な光で栽培いただけるハイパワーのバータイプ
  2. 2.ガラスハウスやビニールハウスなどの
    補光用トップライティングに。
  3. 3.取付専用ブラケットと、コネクターによる結線で簡単設置
本体取付方法

植物育成補助光ハイパワーLEDランプ「補光効果」で安定栽培

季節や天候による日照不足を「補光」により安定した収穫予測が可能で野菜栽培をはじめ、園芸施設などでお使いいただけます。

製品仕様

韓国天安市トマト農場ビニールハウス1000坪に80Wタイプを1,288台設置。農業のエスコ事業として、「補光効果」による年間20〜30%の増産を目標にしています。

Catalogue Download 補助光LAMP A4カタログ(PDFファイル/約1.3MB)

電照栽培用LED電球型ランプ

PSE認証済

植物光合成に有効な光合成有効放射(400-700nm)をフルカバーした植物工場用、補助光用と同じ自然光に近いLED電球型ランプです。

製品仕様

  1. ①休眠打破
  2. ②短日植物の開花時期調節
  3. ③開花促進で花芽形成
  4. ④植物生長に有効な波長形成
  5. ⑤エネルギー節約

電照栽培の効果

菊
菊は短日条件(日照約16時間以下)で開花し、開花調節のため限界光強度の処理が重要です。50Lux或は1.4μmol/m2/s
イチゴ
イチゴの花芽分化は低温短日の条件で促進(秋)し、開花は長日条件で促進されます。
Catalogue Download 電球型LAMP A4カタログ(PDFファイル/約1.3MB)

PLANT LIGHTSとしても

屋内緑化お照明に。陽の当たらない観葉植物の照明に。

LED ECO ONLINE SHOP
LEDECOは、「光の効果」による自然の仕組みとの調和をテーマに、光合成に有効な波長を有した「植物育成用」をはじめ、虫が光を感じる波長を制御した「防虫用」など、お使いいただくそれぞれのシーンに最適な照明をご提案いたします。
植物育成ランプ
https://www.ledecoshop.com/

Copyright© FutureLight. All Right Reserved